丈夫で使いやすいのが1番

柘の印鑑イメージ

ずっと使っていた印鑑を失くしてしまい、新たに購入しようと思ってるのですが、いざ購入しようと思うと素材や字体、値段などの面で悩んでしまいなかなか購入できないでいます。

インターネットでどんな印鑑が良いのか?と調べているのですが、印鑑を作る際、名前の画数や生年月日、パワーストーンなど、風水にこだわって開運印鑑を作られる方も多いようです。

【実印では独身女性の方は、名のみで彫刻されるかたも多いのです】

実印は、法律上社会上の権利義務の発生を伴う重要な印で印鑑証明、婚姻届、不動産登記、保険などの受領に使用します。印鑑登録をして使用するので戸籍上の文字を【フルネーム】彫刻します。

私は、そこまで気にして印鑑を購入しようとは思っていませんが、運気がアップすると聞くと正直、少し気になってしまいます。
いろいろな意見を取り入れるとさらによくわからなくなってしまったので、昨日、思い切ってハンコ屋さんに行ってどんな印鑑が良いか聞いてきました。
とても親切な方で、「とにかく丈夫で使いやすいのが1番」と、印鑑の試し捺しをさせていただきました。

お店の方のお勧めは柘(つげ)と楓で作られた印鑑で、どちらも試し捺ししましたが、優しい肌触りで木の温もりを感じました。
見た目は柘が薄いクリーム色で木目がうっすらと見える感じ、楓は柘よりも濃いベージュでさらに濃い色の木目がくっきりと見える感じで、どちらも綺麗な印鑑でした。

柘は昔から印鑑の素材として使われているそうで、楓より人気があると教えてもらったのですが、私は楓の方が気に入ったので購入することにしました。

木で作る印鑑は、木目の出方が1つ1つ異なり、同じ印鑑は存在しないため、木目にこだわって購入する方もいるようです。
購入するまで、いろいろと迷いましたが、実際に目で見て、試してみることも大切だなと感じました。

ページの先頭へ